レトルト加工を中心とした食品を提供
株式会社セイワ食品
9:00~17:00

会社沿革

セイワ食品の歴史

大正13年高崎にて製餡業を創める
戦時中食料不足が続く中、あんこの原料である小豆が入らず、製餡業を営むのが困難になる。
この窮地を脱する画期的なアイデアとして「アイスミルク棒」を生産。経営を継続する。
昭和21年 あんこの生産を再開
昭和26年 有限会社北川製餡所創業
昭和45年製餡工場を請地町から現在の高砂町へと移転
昭和56年5月惣菜、漬物の生産を開始
昭和56年6月社名を有限会社北川製餡所から有限会社セイワ食品へと変更
平成2年9月レトルト食品(おでん、もつ煮)の生産を開始
平成3年6月レトルト工場を新設
平成4年4月有限会社セイワ食品から株式会社セイワ食品へと組織変更
平成11年8月製品倉庫新設
平成11年11月原料倉庫新設
平成13年3月本社工場増設
平成15年8月ISO9001を認証取得
平成16年8月検査室新設
平成17年1月群馬県より「経営革新支援法」の認定を受ける
平成17年7月試作室新設
平成18年1月初のオリジナルブランドである「美・健・食・彩シリーズ」としておかゆのネット販売を開始
平成19年12月群馬県ものづくり1社1技術に認定
平成20年2月有機JASS加工認証取得